ニュース
» 2006年01月18日 18時10分 公開

日本に根付いた製品開発を――Microsoftが新会社設立

米Microsoft Product Developmentの事業を引き継いで国内における製品企画・開発を行う新会社、マイクロソフト ディベロップメント株式会社が設立された。

[ITmedia]

 マイクロソフトは1月18日、日本国内における製品企画・開発を行う新会社として、マイクロソフト ディベロップメント株式会社を2005年11月16日付で設立したことを発表した。4月1日より、米Microsoft Product Development(MPD)の事業を移管し、日本に根付いた製品開発体制を目指す。

 新会社は米Microsoftの100%子会社となり、資本金は1000万円、従業員は約350名。代表取締役にはMPDのプレジデントである藤井照穂氏が就任する。

 マイクロソフト ディベロップメントでは、マイクロソフトが先日公表した3カ年計画「Plan-J」に基づき、日本に根付いた製品企画、開発を強化する。特に、国内の顧客やパートナーからの要望を取り入れ、日本市場に最適化したソフトウェア製品やソリューションの提供に努めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -