ニュース
» 2006年01月24日 16時25分 公開

日立システム、ネクサウェブと提携して基幹アプリケーション開発を展開

日立システムアンドサービスはNexawebの販売に関して日本ネクサウェブと業務提携を結んだ。主に大手金融機関の基幹業務システムでの展開を図るという。

[ITmedia]

 日立システムアンドサービスは1月24日、日本ネクサウェブと業務提携し、基幹業務用Webアプリケーション基盤「Nexaweb」の国内での販売を開始した。

 日本ネクサウェブは米Nexaweb Technologiesの日本法人で、Nexawebを使用したシステム開発の実績のある日立システムと提携することで、国内での販売力強化を図る構え。

 Nexawebは、クライアント/サーバ型と同等のユーザーインタフェースやサーバ、クライアントでの分散処理によるネットワーク性能、サーバからクライアントへのデータのプッシュ配信など基幹システムでの運用に耐え得るWebアプリケーションを構築できることが特徴。J2EEの開発環境をサポートする。

 日立システムでは、主に国内の大手金融機関向けにNexawebとアプリケーションフレームワーク「Extended Struts for Nexaweb」を中心としたソリューションを提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -