ニュース
» 2006年01月25日 17時30分 公開

NTTコムウェア、性能を向上させた超小型Linuxサーバを発表

NTTコムウェアは、超小型Linuxサーバ「L-Box」の性能を向上させ、2月1日から販売する。

[ITmedia]

 NTTコムウェアは1月25日、超小型Linuxサーバ「L-Box」の性能を向上させ、2月1日から販売すると発表した。

 L-Boxは2003年7月の販売した119mm×68mm×98mm、重さ267グラムの超小型軽量サーバ。現在の標準性能では、広範なユーザーニーズに対応しきれなくなってきたため、ハードウェアを中心に性能を向上させた。

 CPUクロック数を200MHzから240MHzへ向上させ、メモリを32Mバイトから64Mバイトへ拡張。内蔵ストレージ(CF)も32Mバイトから128Mバイトに増やした。また、ACアダプタも45mm×33mm×24mm程度にさらに省スペース化を図った。そのほか、Linuxカーネルは2.4.18から2.4.28に更新し、無線LANカード専用だったスロットをモデムカードやCFでも活用できるようにするなどしている。

 同社は今後、各種組み込みシステムのプラットフォームとしてL-Boxを提供していく考えで、RFIDなどのユビキタス技術も取り入れ広範なシステム開発に利用できるようにするという。

 価格は、オープンプライス。NTTコムウェアおよび同社販売代理店を通して販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -