ニュース
» 2006年01月31日 12時17分 公開

Ask.jp、ブログ検索も表示する地図検索「ジモナビ」

アスクジーブスジャパンが運営する検索サイト「Ask.jp」の新サービスとして、地域情報検索サービス「ジモナビ」β版がスタートした。

[ITmedia]

 アスクジーブスジャパンが運営する検索サイト「Ask.jp」は1月31日、地域情報の検索サービス「ジモナビ」のβサービスの提供を開始した。

 ジモナビは、入力した場所とキーワードの条件にあった店舗や施設を検索して、周辺地図とともに詳細情報を表示する検索サービス。表示される情報は、「グルメWalker」「ぐるなび」「ぐるなびトラベル」「グルメぴあ」「パチンコ倶楽部」から情報を受けた「グルメ」「ホテル」「パチンコ」分野を中心としたものに加え、Ask.jpのWeb検索やブログ検索結果一覧も表示、ユーザーの本音をオフィシャルな地域情報で提供する。

 地図は7段階の縮尺で調整可能であり、店舗や施設の検索結果はコンパクトサイズで隣り合わせに表示する。スクロールを最小にして重要情報を一望できるように工夫されている。さらに地図はマウスのドラッグ操作で好きな方向にスクロールでき、任意の場所をダブルクリックすることで地図の中心を指定することも可能。

 また、「おっかけ検索」機能が標準で有効になっていて、地図のスクロールに合わせて検索結果の一覧が更新されるので、散歩感覚で新しいお店を発見することも可能だ。気になった店舗や施設で「ここ、いいかもっ!」というチェックボックスをクリックすることで情報が保管されて、後から参照することも可能となる。ピックアップした情報からWeb検索、ブログ検索で絞り込むことも可能だ。また、大まかなキーワードを入力することで、カテゴリ一覧を表示させて絞り込むこともできる。

 この他、「周辺検索」や「路線検索」などといった機能もあり、日本語の語順にあわせた検索ボックスや、地元の人々の呼称(通称)にも対応するなど、利用者の献策シナリオに合わせた工夫が「ジモナビ」の使いやすさを支えているという。

 同社によれば、今後はWeb 2.0時代の検索サイト、ユーザー参加型Webへの対応を強化していくとしている。具体策としてマルチメディア化するCGM(Consumer Generated Media)への対応や、それらを活用できるインタフェースの開発、外部開発者との相互提携など、ユーザーにとってさらに使いやすいサービスとなるよう開発を進めていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -