ニュース
» 2006年02月15日 00時00分 公開

Lotus Notes/Domino顧客の取り込みに再攻勢、「Notes Compete」チームを結成(1/2 ページ)

移行ツール群の新規投入や更新、移行ガイダンスの提供により、今後さらに多くのNotes/Domino顧客がExchangeとSharePointに乗り換えることになるかもしれない。

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 MicrosoftはIBMの電子メール/コラボレーションプラットフォームLotus Notes/Dominoの顧客を自社のExchangeとWindows SharePoint Services(WSS)に乗り換えさせるための機は熟したとの考えから、既存の移行ツール群をアップグレードしており、さらには、Notesアプリケーションを分析し、データをWSSに移行するための新ツール2種を提供する方針だ。Notes/Dominoの旧バージョンのサポートを打ち切り、設計が根本から異なるWorkplace製品ラインを推奨するというIBMの最近の動向を見据え、Microsoftとパートナー企業は顧客の間でMicrosoftプラットフォームへの移行支援に対する要望が再び高まりつつあると捉えている。

今が絶好のタイミング?

 MicrosoftとIBMは何年も前から、企業向けの電子メール/コラボレーションソフトウェア市場で争っている。MicrosoftはExchangeサーバとOutlookデスクトップ/Webクライアントで、LotusのDominoサーバ、Notesデスクトップクライアント、およびDomino Web Accessに対抗している。Exchangeには以前から、Lotus顧客によるMicrosoftプラットフォームへの乗り換えを支援するツールが含まれており、Microsoftは実際、ユーザーの誘い込みである程度の成功を収めている。その勝因としては、Lotusよりも優れていると評判の電子メール機能や、Microsoftプラットフォームのそのほかの要素(Active DirectoryやOfficeなど)との統合が挙げられる。だが、その後、移行の勢いは鈍っていった。その最大の要因は、Microsoftがコラボレーションに関して、Notesプラットフォームに匹敵する同等のソリューションを何ら提供していないことにあった。

 だが、この5年ほどの間に、電子メールサーバよりも優れたコラボレーションアーキテクチャとして、リレーショナルデータベースを基盤とするWebベースポータルが登場するようになってきた。ポータルソリューションは電子メールサーバよりも、開発やそのほかのビジネスアプリケーション/データとの統合が容易だ。Microsoftもポータル構築製品SharePointの開発に着手し、現在はWSS 2003とSharePoint Portal Server(SPS)2003(WSSをベースとしている)を提供するに至っている。またMicrosoftはExchangeのパブリックフォルダを共有アプリケーションデータ向けのレポジトリとして強調するのをやめ、Exchange上でのアプリケーション開発を奨励しないようになった。それと同時にMicrosoftは、SharePointベースのコラボレーションソリューションの構築やカスタマイズを容易にすべく、FrontPageやVisual Studio開発環境などのツールの強化に取り組んできた。

 一方、IBMでは、Lotus部門がNotesクライアントとDominoサーバの改良を続け、2005年8月に最新版のR7をリリースする傍ら、別の部門がWeb中心型の同様のコラボレーション製品の開発に着手し、現在、全く新しいアーキテクチャの製品ラインとして、Workplace Collaboration ServicesとWorkplace Managed Clientを含む製品ファミリーIBM Workplaceを売り込んでいる。IBMによれば、IBM WorkplaceにはいずれNotesとDominoが包含される見通しという。

 Workplaceには、R7と共存するための機能や、コラボレーションアプリケーション/データをWorkplaceに移行させるためのツールが含まれている。だが、Workplaceへの移行を無理強いされる可能性を懸念し、現在、多くのNotes顧客がMicrosoftへの移行を再検討するようになっている。特に、今ではMicrosoftも競争力のあるコラボレーションプラットフォームを提供しているとなれば、なおさらだ。Microsoftによれば、この半年間に既に何百ものLotus Notes/Domino顧客がMicrosoftのコラボレーションプラットフォームへの移行に着手している。また、パートナー企業のAvanadeによれば、Lotus Notes/DominoからMicrosoftのコラボレーションプラットフォームへ移行するための同社サービスの需要はこの半年間に世界で倍以上に拡大したという。MicrosoftはNotes顧客の多くが依然として、IBMがサポートを打ち切ったR5などの古いバージョンを使っていると考えている。こうした旧バージョンはおそらく、Workplaceに移行する前にまずR7にアップグレードしておかなければならないはずだ。

 Microsoftはこの機を捉え、Windows、Exchange、およびInformation Workerの各グループからエンジニアリングとマーケティングの担当スタッフを集め、「Notes Compete」チームを結成しており、2006年はNotes顧客に狙いを定めた販売/マーケティングキャンペーンを世界各地で展開する計画だ。ここで特に重要なのは、Microsoftがついに、電子メールとスケジュールデータだけでなく、Notesアプリケーションを移行するためのツール群とガイダンス(手引き)の提供に乗り出した点だ。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ