ニュース
» 2006年02月27日 15時49分 公開

製造業でのSOA実装に向け、東芝ソリューションとオラクルなどが協業

東芝ソリューション、イー・ビー・ソリューションズ、日本オラクルの3社は2月27日、製造業向けたSOA実装において協業すると発表した。

[ITmedia]

 東芝ソリューション、イー・ビー・ソリューションズ、日本オラクルの3社は2月27日、製造業向けたSOA実装において協業すると発表した。

 製造業では、グローバルでの原価低減活動や環境規制対応、業務効率化のために、製品情報や部品情報の統合・管理の必要性に迫られている。これらに対し3社がタッグを組むことで、プロセスからデータまでを統合するSOAによる業務支援システムを実装していくという。

 SOA実装の基盤には、オラクルのミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」を活用。「Oracle Data Hubs」「Oracle Business Intelligence」「Oracle BPEL Process Manager」といった中核コンポーネントを利用していく。オラクルのプロダクトを中心に、東芝ソリューションのシステムインテグレーション力、イー・ビー・ソリューションズのパッケージ適用コンサルティング力とそれぞれの強みを生かすという。

 3社は、共同で設立している技術検証センターを拠点に、共同で技術検証やニーズに応じたテンプレートを開発を行い、顧客に対し適切なソリューションを提供できる体制を整える。営業活動やマーケティングでも共同で実施していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ