ニュース
» 2006年03月02日 07時00分 公開

Office 2007コンシューマー版でOutlookが消える理由 (1/2)

Microsoft Officeスイートの次期バージョンには、ボリュームライセンス顧客向けの新しいエディションが含まれる。また新しいコンシューマー向けのエディションでは、Outlookの代わりにOneNoteがバンドルされるなど、知名度の低い製品の利用が促進されることになるかもしれない。

[Rob Helm,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoft Officeスイートの次期バージョンには、ボリュームライセンス顧客向けの新しいハイエンドエディションが含まれる。また、コンシューマー向けの低価格エディションではライセンス条件が緩和されるため、多くのユーザーがアップグレードすることになるかもしれない。現行版の顧客にとっては、新しいパッケージングのコストはこれまでとあまり変わらない。また新しいパッケージングでは、OneNoteやGroove Virtual Officeなど、まだ知名度の低い製品がOfficeスイートに組み込まれるため、こうしたアプリケーションは新規顧客にとって利用しやすいものとなるだろう。

ボリュームライセンス用の新しいパッケージ形態

 Office 2007はこれまでOffice 12というコード名で呼ばれていたもので、Officeスイートの大幅なアップグレードとなる。Office 2007の新たな特徴としては、あまり専門知識を持たないユーザーでも同製品の各種機能を活用できるよう支援するための新しいユーザーインタフェース、表計算アプリケーションExcelの大幅な改良版、Microsoftのポータル/コンテンツ管理製品ラインであるSharePoint向けの追加の統合機能などが挙げられる。ボリュームライセンスでOffice 2007を購入する組織にとっては、パッケージ形態に以下のような変更点がある。

Office Professional PlusがOffice Professional Enterprise Editionをリプレース
 Office 2003のProfessional Enterprise Editionの後継版は、Office Professional Plusと呼ばれることになる。Professional Enterprise Editionと同様、Professional Plusには、Officeスイートの主要アプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)のほか、Access、InfoPath、Publisherが含まれる。ただし、Professional PlusにはさらにCommunicatorが追加される。CommunicatorはWindows XPにビルトインされているWindows Messengerクライアントと同様、インスタントメッセージング(IM)と音声通信を提供するプログラムだが、ユーザーインタフェース、ディレクトリ統合、テレフォニ機能が強化されている。MicrosoftはOffice 2007 Professional Plusの価格をOffice 2003 Professional Enterprise Editionよりも5%程度高めに設定しているが、Professional Enterprise Editionをエンタープライズアグリーメント(EA)またはソフトウエアアシュアランス(SA)で購入している顧客は無償でProfessional Plusにアップグレードできる。

新しいエディションとなるOffice 2007 Enterprise
 新しいエディションとなるOffice 2007 Enterpriseには、Professional Plusに含まれる全要素に加えて、メモ用アプリケーションのOneNoteと、Groove Virtual Officeが追加される。Groove Virtual Officeは、ファイル共有やIMのほか、中央サーバを必要としない「仮想ワークスペース」におけるコラボレーションの各種フォームを可能にするプログラムだ。Office 2007 Enterpriseの価格はProfessional Plusよりも20%程度高めの設定となるが、これはOneNoteとGroove Virtual Officeを単体で購入するよりもはるかに割安な価格だ。Professional Enterprise EditionをEAまたはSAで購入している顧客は、新たにOffice 2007 Enterpriseのライセンスを定価で購入しなくても、Professional PlusからEnterpriseへの「ステップアップ」ライセンスを両エディションのほぼ差額に相当する料金で購入できる。また、従来の方針とは異なり、EA顧客は一部のデスクトップについてのみOffice 2007 Enterpriseを購入することもできる。従来、OfficeをEAで購入している顧客は、すべてのデスクトップについて同一のエディションをライセンスしなければならなかった。

 これまでと同様、MicrosoftはOffice 2007 Standardもボリュームライセンスで提供する。このエディションには、Office 2003 Standardと同様、Word、Excel、PowerPoint、Outlookが含まれる。

標準版Officeアプリケーションに新しいXML機能

 Office 2003と同様、Office 2007の4つのOfficeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)では、Professional版のほか、それよりもローエンドな標準版(正式名称は付いていない)が提供される。Professional版のアプリケーションはOffice 2007 Professional PlusとOffice 2007 Enterpriseスイートで出荷されるほか、単体でも販売される。Office StandardをSAまたはEAで購入している顧客は、Word 2007 Professional、Excel 2007 Professional、PowerPoint 2007 Professional、およびOutlook 2007 Professionalに無料でアップグレードできる。ただし、Office 2007 Professional PlusとOffice 2007 Enterpriseスイートのフルパッケージを入手するにはステップアップライセンスを購入する必要がある。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -