ニュース
» 2006年03月28日 15時24分 公開

大林組がリアルコムの「KnowledgeMarket EnterpriseSuite」を導入

大林組は、全社的な情報共有基盤としてリアルコムのナレッジマネジメントシステム「REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuite」を導入した。

[ITmedia]

 大手建設会社の大林組は、全社的な情報共有基盤としてリアルコムのナレッジマネジメントシステム「REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuite」を導入した。

 REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuiteは、コミュニティ単位で情報共有やコミュニケーションを実現する、Webベースのナレッジマネジメントスイート。大林組では、建築技術に関するさまざまな質問と回答を集約し、共有するための基盤として同製品を導入した。

 大林組ではこれまで、イントラネット上に建築技術文書の検索システムを構築していたが、文書数の増加に伴い検索性が低下。それを補完するため、今度はユーザーの質問の受け付けと回答を行う電子掲示板システムを一部で導入したが、複数の掲示板が並存したことにより、管理が煩雑になった。また、ユーザーに対しても一元的に情報を提供できないという課題が浮上してきたという。

 REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuiteは、こうした問題を解決し、建築技術に関する質問/回答のワンストップ環境を提供することを目的に導入された。既存の電子掲示板システムへの投稿データを同システムに移行、集約するとともに、全社員が利用できる質問/回答のためのコミュニティとして活用していく。当初は、1000名が質問/回答を行い、1万人がそれを参照する規模で導入し、順次、他分野へも拡大していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -