ニュース
» 2006年03月30日 14時32分 公開

ISS、筐体を一新したIPSアプライアンス新シリーズを提供

インターネット セキュリティ システムズは3月30日、不正侵入防御(IPS)アプライアンスの新シリーズ「Proventia GXシリーズ」の出荷を開始した。

[ITmedia]

 インターネット セキュリティ システムズ(ISS)は3月30日、不正侵入防御(IPS)アプライアンスの新シリーズ「Proventia Network Intrusion Prevention System(GXシリーズ)」の出荷を開始した。

 GXシリーズは、これまで提供されてきたIDSアプライアンス「Proventia Aシリーズ」やIPS「Proventia Gシリーズ」の後継製品という位置付け。IPSとしての基本的な機能を引き継ぎつつ、筐体を一新させ、ネットワークポートを前面に移動したほか、LCDパネルの採用、軽量化などの改良を図った。

 GXシリーズには、対応する帯域や搭載インタフェースによって、ローエンドの「GX4002」「GX4004」、中位機種の「GX5008」「GX5008CF」から、ギガビットクラスのスループットに対応する「GX5108」「GX5108CF」まで、6モデルが用意されている。価格はGX4002が145万円から。

 なおGXシリーズの発売にともない、Proventia Aシリーズと、Proventia G2000を除くGシリーズは9月30日で販売終了となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -