ニュース
» 2006年04月03日 17時20分 公開

EMCジャパン、バックアップ/リカバリソフトのNetWorker最新版をリリース

EMCジャパンはバックアップ/リカバリソフトウェアで日本語版の最新バージョンとなる「EMC NetWorker 7.2.2」を発表した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは4月3日、バックアップ/リカバリソフトウェアで日本語版の最新バージョンとなる「EMC NetWorker 7.2.2」を発表した。NetWorker 7.2.2は、現在のWindows、Solarisに対応した現在の「NetWorker 7.2」に加えて、HP-UX、AIX、Linuxにまで拡大したバージョンアップ製品。同日から、EMCジャパンとEMCジャパンの販売パートナーを経由する形で販売が開始される。

 NetWorker 7.2.2は、EMCジャパンとEMCジャパンの販売パートナーを通じて提供される。価格は、Windows版およびLinux版が16万2000円から、UNIX版が59万1000円からとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ