ニュース
» 2006年04月05日 14時44分 公開

日立システム、SAPジャパンとのサービスパートナー契約締結による本格的なSAP R/3ソリューション展開を開始

日立システムアンドサービスは、SAPジャパンとサービスパートナー契約を2006年4月1日付けで締結、ERPソリューション適用範囲を拡大していく。

[ITmedia]

 日立システムアンドサービスは、SAPジャパンとサービスパートナー契約を2006年4月1日付けで締結したことを発表した。

 SAPサービスパートナーとは、顧客へのSAPソリューションの導入やインテグレーションをサポートするSAP認定のパートナー。

 日立システムアンドサービスは、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結することによって、同社の強みであるEPM(Enterprise Performance Management/企業パフォーマンス管理)やDCM(Demand Chain Management/デマンド チェーン マネジメント)などERP関連ソリューションを顧客へ総合的に提供できるようになる。

 また、従来は日立グループメンバーとして日立の顧客層へ行っていたSAP R/3ソリューション提供に加え、今後は日立システムアンドサービスが独自に中堅規模顧客へSAP R/3ソリューションを提供することができるようになる。

 日立システムアンドサービスは、ERP関連ソリューションの開発も含め、2008年度には約20億円/年の受注を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ