レビュー
» 2006年04月06日 19時30分 公開

脅威診断や監視などの統合セキュリティ管理ソリューションホワイトペーパー

LANDesk Softwareの「LANDesk Security Suite 8.6」は、脅威の診断、防御、監視、検出などの機能をすべて搭載した統合セキュリティ管理ソリューション。インベントリ管理などが強化され、システムの一元管理を可能にする。

[ITmedia]

 企業にとって、セキュリティ問題への対処は重要課題のひとつになっている。不正アクセスによる顧客情報漏えいなどが発生した場合、企業に与えるダメージは計り知れず、企業の存続すら危険にさらすことになりかねない。ネットワークからの脅威から企業を守るには、対処療法的にセキュリティ製品を個別に導入するだけでは十分ではない。セキュリティポリシーに則って、全社のPCの運用管理を実施しなければならない。LANDesk Softwareの「LANDesk Security Suite 8.6」は、これらの要件を満たした、企業システム全体を脅威から保護する統合セキュリティ管理ソリューションである。

 LANDesk Security Suite 8.6は、IT資産管理やソフトウェアの配布などを自動化する「LANDesk Management Suite」とシームレスに統合できる。これによりシステム管理者は、コンソールからPCの脆弱性に関する情報を収集し、パッチを適用するなどの処理を自動化できるようになる。そのほかにも、検疫ネットワークの構築、特定のアプリケーション(Winnyなど)の使用を自動的に禁止する機能、スパイウェアの検出と削除など、多数の機能を搭載している。

 新機能として、パーソナルファイアウォール管理機能がある。この機能を使えば、Windows XP SP2ファイアウォールの有効化と構成管理をコンソールから実施できるようになる。

 この製品カタログのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ