ニュース
» 2006年04月06日 12時28分 公開

マイクロソフト、Vistaや次期Officeの開発者支援プログラムを開始

マイクロソフトは、Windows Vistaや2007 Microsoft Officeの開発者向けの支援プログラム「ベータ エクスペリエンスプログラム」を開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月6日、「Windows Vista」やOfficeの次期バージョン「2007 Microsoft Office」の開発者向けの支援プログラム「ベータ エクスペリエンスプログラム」を開始した。

 ベータ エクスペリエンスプログラムは、Windows VistaのWinFXやUser Account Controlといった新機能や2007 Microsoft Officeの機能を開発者が最大限に活用できるよう、支援することを目的としている。参加者専用ニュースレターを通じて技術情報を提供するほか、2006年第2四半期に予定されている一般ユーザー向けβ版を提供し、早期の技術習得を支援するという。

 プログラムへの参加は同社Webサイトより可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ