ニュース
» 2006年04月17日 20時27分 公開

承認プロセスを組み入れFAX誤送信を防止、蝶理情報システム

蝶理情報システムは、企業向けのFAXサーバ「ライトニングFAX」に、FAX経由での情報漏えいを防ぐ「ライトニングFAX セキュリティオプション」を追加する。

[ITmedia]

 蝶理情報システムは5月中旬より、企業向けのFAXサーバ「ライトニングFAX」に、FAX経由での情報漏えいを防ぐ「ライトニングFAX セキュリティオプション」を追加し、販売を開始する。

 ライトニングFAX セキュリティオプションでは、PCやFAX機から社外に送信されるFAX文書を一元管理し、送信履歴などを把握できるようにする。また、送信前に文書をPC画面でチェックする承認プロセスを組み入れることで、FAXの誤送信を防ぐことも可能だ。承認者は複数設定でき、遠隔地から承認を行うこともできる。

 さらに、FAX機で入力された宛先と宛先リストとの照合、認証機能も備えている。

 ライトニングFAX セキュリティオプションの価格は80万円から。対応のハードウェア「IP-FAXアダプタ」と組み合わせれば、既存のFAX機をそのまま統合し、一元的に管理することが可能という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ