速報
» 2006年04月29日 08時00分 公開

ゼロデイ攻撃遮断ツール「SocketShield」のβ版提供開始

Exploit Prevention Labsが開発した「SocketShield」は、脆弱性情報が公開されてから修正パッチがリリースされるまでの間、悪用コードを食い止めてユーザーを攻撃から守る。

[ITmedia]

 セキュリティソフトメーカーのExploit Prevention Labsは、Windowsの未パッチの脆弱性を突いたゼロデイ攻撃からインターネットユーザーを守るソフト「SocketShield」のβ版提供開始を発表した。

 同社はセキュリティ業界のベテラン、ボブ・ベイルズ氏とロジャー・トンプソン氏が2005年に共同創設した企業。「SocketShield」は同社最初の製品となり、「業界初のゼロデイ攻撃遮断ツール」をうたっている。

 Microsoftなどのアプリケーションベンダーが、新しく発見された脆弱性の修正パッチを開発するには平均で2カ月、時には半年かかることもあると同社は解説。SocketShieldではこの間に、脆弱性を悪用したコードがユーザーのコンピュータにアクセスするのを阻止する。

 ゼロデイ攻撃の遮断には、同社で特許を出願中のIntelligence Network技術を利用。ブラウザのコミュニケーションの流れを監視して、既知の悪用コードがブラウザを通過するのを食い止める。

 SocketShieldはWindowsの32ビット版と64ビット版に対応。β版は同社サイトから無料でダウンロードできるが、正式版は年間29.95ドルで販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ