ニュース
» 2006年05月08日 14時26分 公開

日本IBMなど3社、既存PCを活用するシンクライアントシステム

日本IBM、MPT、ウィザードの3社は、既存PCを活用してシンクライアントシステムを構築するソリューションを共同で提供する。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エムとエム・ピー・テクノロジーズ(MPT)、ウィザードの3社は5月8日、既存PCを活用してシンクライアントシステムを構築するソリューションを共同で提供すると発表した。

 IBMのブレードサーバ「BladeCenter」とウィザードのセキュリティ対策ソフト「ezIPSEC DeskCenter」を組み合わせる。クライアントPCにezIPSEC DeskCenterを搭載したUSBメモリを挿入すると、USBメモリ内の専用OSが起動し、HDDやCD-ROMなど各種デバイスの利用を制限したシンクライアント化する。社内情報には専用サーバを通じてアクセスを行う。既存のPCを活用でき、ノートPCによるモバイル環境にも適応できるのがメリットという。

 サーバ側では、「BladeCenter」1台にクライアント用の認証サーバとVPNゲートウェイを搭載して提供し、運用管理コストを抑えることを可能にした。ユーザー数が増えた場合は、サーバを追加することで容易に拡張できる。

 MPTと日本IBMの直販のほか、日本IBMのソリューションパートナーなどを経由して販売する。価格は個別見積もりとなる。参考価格は100クライアントの場合で298万円(税別)からとしており、別のシンクライアント端末を導入する場合と比較して、三分の一程度の価格での導入が可能だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ