ニュース
» 2006年06月01日 21時11分 公開

KCCS、検疫ネットワークアプライアンス「Lockdown Enforcer」日本語版をリリース

京セラコミュニケーションシステムは検疫ネットワークを実現するセキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」の日本語版を発表した。

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は6月1日、既存のネットワーク機器を生かしながら検疫ネットワークを実現するセキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」日本語版を発表した。

 Lockdown Enforcerは、米Lockdown Networksが開発したセキュリティアプライアンス。ネットワーク上の機器と連動し、接続されようとしている端末がセキュリティポリシーを守っているかどうかをチェックすることにより、ネットワークを健全な状態に保つ。

 KCCSでは3月より同製品の販売を開始していたが、新たに日本語対応版を提供する。これにより、日本人技術者にとって理解しやすくなり、作業効率アップやミスオペレーションの排除につながるとしている。価格は465万円で、7月中に販売を開始する。

 なおKCCSは同製品を、6月7日から9日にかけて行われるInterop Tokyo 2006の展示会で紹介する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -