ニュース
» 2006年06月23日 15時38分 公開

日本HP、Symantec ESMによるセキュリティ監査の導入支援サービス

日本HPは、セキュリティポリシー監査ツール「Symantec ESM」を用いて企業IT環境のセキュリティ初期診断を実施する「セキュリティ監査スタートアップ・サービス」を開始した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは6月23日、シマンテックのセキュリティポリシー監査ツール「Symantec Enterprise Security Manager」(Symantec ESM)を用いて企業IT環境のセキュリティ初期診断を実施する「セキュリティ監査スタートアップ・サービス」の提供を開始した。

 このサービスは、セキュリティ監査実施の第一歩として、システムの脆弱性監査機能の導入/設定を代行するもの。日本HPのコンサルタントがSymantec ESMコンソール/マネージャやエージェントの導入、初期設定を行うとともに、構築した環境を用いてシステム脆弱性監査を実施し、レポートを提供する。

 Symantec ESMはもともと、顧客ごとのセキュリティポリシーに合わせてテンプレートをカスタマイズし、個別の仕様に基づいて導入するツールだ。しかしセキュリティ監査スタートアップ・サービスでは、日本HPのノウハウをもとに独自に作成した基本テンプレートを使用することで、少ないコストと期間で脆弱性監査を実現できるとしている。

 セキュリティ監査スタートアップ・サービスの価格は157万5000円から。ただしSymantec ESMのライセンスや初年度保守費用は別料金となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -