ニュース
» 2006年07月07日 07時00分 公開

Officeの組織再編は規定路線に――MSの新人事を分析 (1/3)

最近の組織再編では、Office部門とMicrosoft TV部門で長年のリーダーが交代し、米国の中小規模法人向け販売チームでは幹部の再編成が行われた。

[Rob Helm,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 最近の組織再編では、Office部門とMicrosoft TV部門の後任リーダーにはそれぞれ、密接に関係するグループの古くからの幹部が任命されている。これらの動きは、この2つの分野におけるMicrosoft戦略が大幅な変更なく、今後も継続されることを意味している。一方、米国の中小規模法人向け販売チームの幹部の再編成により、小規模企業をターゲットとするパートナー各社は米国市場で何人かの新顔と接することになる。

Office部門幹部の後任に2名のベテラン

 Jeff Raikes社長が率いるビジネス部門では、長年Office部門の幹部を務めたのち2006年3月にWindowsクライアント部門に異動したSteven Sinofsky氏の職務が、古くからOffice部門に所属している2人の幹部に分配された。

Antoine Leblond氏
 Leblond氏はOfficeプロダクティビティアプリケーション担当副社長に昇進した。同氏は今後、Officeスイートと関連アプリケーション(Visioなど)の設計/開発/テストを統括する。Leblond氏はこれまではOffice開発のプログラム管理を担当していた。同氏は1989年以来Office部門に所属し、同スイートの共有サービス(ユーザーインタフェースフレームワークやVisual Basic for Applications環境など)の設計にも参加している。そのため、今回の同氏の就任により、Office部門の設計アプローチが大きく変わることはなさそうだ。

Kurt DelBene氏
 DelBene氏はOfficeビジネスプラットフォームグループ担当副社長に任命された。同氏は今後、SharePoint、Project、Grooveの各製品ラインの設計と開発を統括する。DelBene氏はMcKinseyの元コンサルタントで、Microsoftには1992年に加わった。既にSharePointとProject製品ラインを統括していた経験を持つ同氏にとって、今回の異動はマイナーチェンジだ。

 Leblond氏とDelBene氏はいずれもRaikes氏の直属となる。

 Officeデスクトップスイートとサーバ製品ラインはこれまで、Sinofsky氏のもと、共同戦略を追求してきた。例えば、Officeスイートには各種サーバ向けのフックが組み込まれ(SharePointドキュメントライブラリ用のチェックアウト/チェックインコマンドなど)、一方、サーバにはOfficeスイートを補完する機能が組み込まれている(ExcelスプレッドシートのWebベースの配信など)。Leblond氏とDelBene氏はいずれもこうした戦略に参加してきており、すぐに路線が変更されることはなさそうだ。

コンシューマービジネス周辺の動き

 Microsoftのコンシューマービジネスでも、幾つか組織変更が行われている。その多くは、Robbie Bach社長が率いるエンターテインメント&デバイス部門に関するもの。同部門では、Microsoftのコンシューマー向けソフトウェア/ハードウェア/モバイルデバイスプラットフォーム事業を扱っている。

Enrique Rodriguez氏
 Rodriguez氏はMoshe Lichtman氏の後任として、Microsoft TV部門の担当副社長に就任した。Rodriguez氏は今後、IPTVインフラや、ケーブルセットトップボックス向けのFoundation Editionプラットフォームなど、MicrosoftのTVプラットフォームの設計/開発/販売を統括する。同氏はこれまでMicrosoftのXboxパートナーシップの担当副社長を務めていたほか、Microsoft TV部門のパートナーである家電企業Thomsonの幹部も務めていた。同氏のこれまでの職務の後任は発表されていない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -