特集
» 2006年07月19日 11時00分 公開

今どきのバックアップ入門:最新バックアップ技術で仕事を楽にしよう (1/3)

データ管理に関する技術や手法はさまざまだ。最新の機能を使えば、従来の管理手法よりも効率的になる。今回は、IT管理者の仕事を楽にする最新のバックアップ技術を紹介しよう。

[堀江徹,ITmedia]

本記事の関連コンテンツは、オンライン・ムック最新テクノロジーで効率化! 今どきのバックアップ入門でご覧になれます。


 ストレージ関連技術の進歩は、効果的なバックアップ運用を可能にした。一方で、ディスク装置のみならず、NAS(Network Attached Storage)やSAN(Storage Area Network)、仮想テープライブラリ、iSCSIなどといった技術発展は、企業に必要かつ有効な技術の選定を難しくしているのも事実だ。

 バックアップ環境を構築する際に、最新の技術や運用方法を熟知したコンサルティングサービスを利用したり、電子データの保管状況やストレージの利用状況を評価する外部のサービスを受ける企業が増えているのは、このような背景からだと考えられる。今回は、データ管理に関する最新の技術を説明していこう。最新技術を上手に取り入れることで、データ管理の業務はこれまで以上に楽になるはずだ。

CDP(Continuous Data Protection)

 Continuous Data Protectionの略で「継続的なデータ保護」を意味する新しい技術だ。米国では、既に多くの企業が実際に使用している。従来の一般的なバックアップのように、特定時間にスケジュールしたバックアップを実行するのではなく、ファイルサーバなどのデータをリアルタイムで常時監視し、データに変更が発生すれば、その都度変更したデータブロックだけを自動的にバックアップする。

CDP CDP(Continuous Data Protection)

 簡単に考えると、データを常時レプリケーションしているかのように思われるが、実際には単純なレプリケーション機能とは異なる。レプリケーションの場合には、複製元が変更、削除されると、同様に複製先も変更、削除されてしまうが、データを保護する目的で開発されたCDPは、データが変更された場合に変更前の複数バージョンのデータも保障する。例えば、バックアップソフトの「Symantec Backup Exec」では、「Windows 2003 Server」の提供しているVSS(Volume Shadow Copy Service)と連携することで、この機能を実現している。

 CDP機能を備えるバックアップソフトは通常、ユーザー自身がWebベースのインタフェースを通じてデータを復元できる機能が用意されている。管理者に頼る必要がないため、管理コストの面からも非常に有効な手法だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -