ニュース
» 2006年07月24日 07時00分 公開

Office 2007で競合OpenDocumentフォーマットをサポートする狙いとは?

Microsoftが出資している新たなプロジェクトの目標は、OfficeスイートでのOpenDocumentフォーマット(ODF)のサポートだ。Office 2007の標準フォーマットと競合するODFをサポートする狙いはどこに?

[ITmedia]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftが出資している新たなプロジェクトの目標は、OfficeスイートでOpenDocumentフォーマット(ODF)をサポートすることだ。ODFはワープロ文書/スプレッドシート/プレゼンテーション/グラフィックス用のXMLベースのファイルフォーマットで、既に一部の政府機関により文書交換の標準フォーマットとして採用されている。今回、新たに立ち上げられたプロジェクトは、そうした市場でMicrosoftのOffice製品と文書管理ビジネスを保護すると同時に、その一方で、ODFの全面的な支持を回避するのに役立つ。ODFは、Microsoftが推進していくOffice XMLフォーマットと競合している。

 この「Open XML Translator」プロジェクトでは、ODFフォーマットとOffice XMLフォーマット間で変換を行うための、Officeアプリケーション用のプラグインとコマンドラインユーティリティの開発にあたる。Office XMLは「Office 2007」のデフォルトの保存フォーマットとなるほか、Officeの既存バージョンにも後付けでサポートを追加できる。プラグインはOffice 2007で動作し、コマンドラインユーティリティは一括変換をサポートするほか、プラグインを実行できないOfficeの旧バージョンもサポートする。トランスレータの最初のリリース(2006年中の提供が予定されている)は、Word用のOffice XMLフォーマットしかサポートしないが、2007年には続いてExcelとPowerPointのサポートが追加される。なお、トランスレータはOpen Sourceライセンスの下でリリースされ、インドのAztecsoft、フランスのClever Age、ドイツのDialogikaなど、Microsoftのパートナー企業により開発される。

 このプロジェクトの狙いは、公共部門市場におけるODFの脅威を阻止することだ。ODFの脅威が最初に浮き彫りになったのは、マサチューセッツ州の州政府が文書交換の標準化プロジェクトにAdobe PDFとともにODFを採用した際だ。それ以来、ODFはベルギー政府の同様のプロジェクトでも採用され、ほかにも各国政府が採用を検討中だ。またODFは2006年5月には、ISO(国際標準化機構)により国際標準規格として認定され、さらに勢いを増している。

 MicrosoftはOfficeスイートでのODFのサポートを保証することで、同スイートや関連製品(SharePoint Serverなど)が政府機関市場で軽視される事態を回避できる。一方、外部のプロジェクトに出資し、パートナー企業に運営してもらうことで、Microsoftはコストおよび人事面での投資を最小限に抑え、ODFの全面的な支持を回避し、また、同標準の実装をめぐる批判や訴訟の可能性を抑えられる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -