レビュー
» 2006年07月31日 15時50分 公開

ホワイトペーパー:高性能サーバを用いたエンタープライズ全体最適化

エンタープライズ全体最適化を実現するには、エンタープライズ向け高性能サーバとSOA/BPM製品群を組み合わせが最適だ。さらに、EAIコンソリデーションを実現する手法を探る。

[ITmedia]

 日本ティブコソフトウェアは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)やBPM(ビジネスプロセス管理)などの製品群を提供しており、リアルタイムエンタープライズアーキテクチャ(EA)の実現をサポートしている。SOA/BPM以外にも、システム監視機能を持つBAM(ビジネスアクティビティモニタリング)製品も提供しいている。

 これらの製品を有効に機能させるには、柔軟性のあるITアーキテクチャの構築が不可欠だ。単に処理速度が高いだけでは不十分で、スケーラビリティやユーティリティコンピューティングを実現するための仮想化機能が必要になる。ヒューレットパッカードのHP Integrityサーバはこれらの要件を満たし、定評のある運用管理ソフトウェア「HP OpenView」ともスムーズに連携できる。

 ここでは、日本ティブコソフトウェアのSOA/BPM製品の有用性およびユーザー事例を紹介する。後半では、HP Integrityサーバの優位性とEAIコンソリデーションの実現について紹介する。

 この講演資料のダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -