レビュー
» 2006年08月01日 09時15分 公開

ホワイトペーパー:JavaScriptの開発・デバッグ環境が無償で手に入る?

高度なリッチクライアントアプリケーションの開発効率を向上できるうえ、Webブラウザの標準的な機能だけで動作する、優れたWebベースアプリケーションを迅速に構築可能。無償のAjax開発環境が手に入るのも注目だ。

[ITmedia]

 日本ティブコソフトウェアは、SOA(ソフトウェア指向アーキテクチャ)やBPM(Business Process Management)を主力とした製品群を提供している。その製品群にAjax開発環境「TIBCO General Interface」が新たに加わった。TIBCO General Interfaceを使えば、リッチクライアントアプリケーションの開発のコストを削減できる。また、開発用途のProfessional Editionならば無償で使用可能だ。

 開発者にとって朗報なのは、TIBCO General InterfaceによりJavaScriptの開発・デバッグ環境が無償で入手できる点だ。また、Ajaxを利用することにより、動的なユーザーインタフェースも簡単に作ることができる。バックエンドのSOA/ESB(Enterprise Service Bus)製品(BEA WebLogicなど)との相互運用性も実現している。

 ここでは、TIBCO General Interfaceのデータシートをダウンロードできる。

 この製品カタログのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -