レビュー
» 2006年08月08日 09時30分 公開

ホワイトペーパー:サーバの仮想化と複数OSの稼働で運用コストを低減

サーバの価格は以前よりも低下し、導入コストを減らすことができているが、逆に運用コストの増大を招いている。しかし仮想サーバを用いればサーバを統合できるようになり、運用コストを減らすことができる。

[ITmedia]

 最近のIT業界のトレンドとして「仮想化」がある。仮想化技術のメリットには多数ある。例えば、物理サーバの統合だ。利用頻度の低いサーバなどを仮想マシンとして1つに統合すれば、運用をより効率化できる。さらに、システムの構成を柔軟に組めるようになるというメリットもある。

 仮想化技術を用いれば、1台の高性能サーバに複数の仮想マシンを構築し、複数のOSを稼働させることが可能になる。レガシーシステムとの接続のためだけに設置しているサーバなどを仮想マシンに移行すれば、運用コストも大幅に削減できる。

 コンシューマ向け仮想化ソフトウェアとしては「VMware Workstation」が有名だが、企業システムであればVMware Workstationの上位製品「VMware ESX Server」がお勧めだ。このホワイトペーパーでは、仮想化システムを構築するにあたって必要な知識を説明し、VMware ESX Serverの導入にあたって気を付けるべき点や、構成例などについて解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -