レビュー
» 2006年08月31日 10時45分 公開

ホワイトペーパー:SOAはコスト削減につながるのか?

SOAを活用すれば、既存システム資産を生かしつつ、柔軟性の高い情報システムを構築できる。しかし実装を含め、統合ソリューションには高額な導入コストがかかり、維持管理費はさらにそれを上回る。SOAは本当にコスト削減につながるのだろうか。

[ITmedia]

 SOA(サービス指向アーキテクチャ)が広く注目を集めている。その理由として、既存資産をサービス化することにより、業務要件の変更にも柔軟に対応できることが挙げられる。また、分散型のSOAをより効果的に導入するには、ESB(エンタープライズサービスバス)が欠かせない。

 ESBと似た手法のテクノロジーとしてEAI(エンタープライズ・アプリケーション・インテグレーション)がある。通常、EAIは集中管理サーバを中心に構築されているため、サービスを接合するためのアダプターの開発費用が多額になったり、特定のベンダーに依存する比率が高まるなどの欠点がある。

 ESBの優位性が明らかとはいっても、どの程度のコスト削減が可能なのかが問題だ。ここでは、日本アイオナテクノロジーズ株式会社のESB製品であるArtixと集中型のEAIを比較し、コストを定量分析した結果を報告する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -