ニュース
» 2006年09月13日 13時02分 公開

東芝ソリューションと日本IBM、「地球に優しい」クラスタソリューションを発表

東芝ソリューションと日本IBMが、仮想化技術とオートノミック・コンピューティング技術を組み合わた、「地球に優しい」クラスタソリューションを発表した。

[ITmedia]

 東芝ソリューションと日本アイ・ビー・エムは9月13日、仮想化技術とオートノミック・コンピューティング技術を組み合わせ、サーバリソースを最適化するクラスタソリューションを発表した。

 今回発表したソリューションは、東芝ソリューションの統合クラスタソフトウェア、「DNCWARE ClusterPerfect EX V9」と日本IBMのワークロード管理ソフトウェア、「IBM Virtualization Engine Enterprise Workload Manager V2.1」を連携させることにより、アプリケーションの応答時間に応じてサーバリソースを最適化するもの。Enterprise Workload Managerがアプリケーションの応答時間を測定する標準規約、「Application Response Measurement」(ARM)に対応したアプリケーションを監視し、その負荷状況をClusterPerfect EXに伝えるという。

 負荷が高い状態では新たなサーバを追加してシステムの処理能力を高め、逆に負荷の低い状態ではサーバの電源を落とすことによって、無駄な電力を消費しない、環境にも配慮したクラスタソリューションだとしている。

サーバリソースを最適化し、アプリケーションの応答時間を改善する

 さらに今回のソリューションは、IBMのオートノミック・コンピューティング技術である問題判別技術を実装しており、システム障害時における迅速な対応も可能としている。具体的には、ClusterPerfect EXはログ情報を標準化された形式(CBE:Common Base Event)で蓄積し、障害発生時には自己修復機能を提供するソフトウェア、「IBM Build to Manage Toolkit for Problem Determination」が問題の解決のヒントを提供するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ