レビュー
» 2006年09月26日 09時15分 公開

128ビットSSLで電子商取引サイトのセキュリティを確保ホワイトペーパー

Webサイト運営においては、偽装したWebサイトによるフィッシング、通信内容の盗聴などへの対応が欠かせない。そのために広く使われているのがSSLサーバ証明書だ

[ITmedia]

 電子商取引サイトのように、ユーザーの個人情報を扱うウェブサイトでは、セキュリティの確保が欠かせない。最近では、偽装したウェブサイトによるフィッシングなどが増えてきており、ユーザーが安心できるよう環境の構築が求められている。そのために必須とも言えるのが、SSL(セキュアソケットレイヤー)を用いたサーバ証明書だ。

 自社のウェブサーバからサーバ証明書を発行できるようになれば、ユーザーとの通信は暗号化され、セキュアな取引が可能になる。特に128ビット暗号鍵を使えば、暗号強度が高まり安心だ。日本ベリサインでは、ユーザー企業に成り代わってSSLサーバ証明書を発行するサービスを提供している。このサービスを使えば、ユーザー企業は簡単に取引をセキュア化できる。

 ここでは、SSLサーバ証明書の必要性、「ベリサイン サーバID」導入のメリット、技術的な仕組みなどを紹介する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ