特集
» 2006年10月16日 07時00分 公開

クライアントセキュリティ大作戦:オフィスの「だめんず・わ〜か〜」を洗い出す (2/2)

[敦賀松太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

クライアントの問題点を検査

 クライアントのアップデートを確実に実行したい管理者にとって、SUSは非常に有効なツールだが、マイクロソフトはこのほかにも、クライアントセキュリティを保つためのツールをいくつか提供している。

 そのひとつが「Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)」である。このツールは、クライアントのセキュリティ構成に問題がないかどうかを検査するもので、Windowsをスキャンし、Windows、Internet Explorer、Officeなどの各種セキュリティ設定の状態、重要な修正モジュールの適用状況などを検査する。そこで発見された脆弱性は、例えば重要な項目に問題があれば赤色の×印、重要性の低い項目に問題があれば黄色の×印など、アイコンで分かりやすく表示される。管理者はその結果に基づき、問題のある項目のセキュリティ設定を変更したり、修正モジュールを適用したりすればよい。

クライアントのセキュリティ構成に問題がないかどうかを検査するMicrosoft Baseline Security Analyzer

 このほか、クライアント関連のセキュリティサービスとして、マイクロソフトは「Windows Live OneCare」を用意している。このサービスは有料で、現在は米国内のみの提供になっているが、クライアントの“健康状態”をスキャンして、ウイルスの検知と除去、ハード ディスク上の不要なファイルの削除、パフォーマンスの向上などを実行する「Windows Live OneCare PC セーフティ」は無償で利用できる。

 さらに、スパイウェアからクライアントを防御する「Windows Defender(Windows防御ツール)」も無償で提供されている。このツールは、スパイウェアが原因で発生する無用なポップアップ表示や性能の低下からクライアントを保護するもので、リアルタイムでスパイウェアの進入を監視する機能、検出したスパイウェアに対する防御策を推奨する機能などが備わっている。ウイルス対策ソフトウェアと併用すれば、大きな効果を得られるだろう。

スパイウェアからクライアントを守るWindows Defender
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ