ニュース
» 2006年10月18日 07時35分 公開

HP、データセンター内資産を監視するRFID技術を開発

HPはデータセンター内のハードウェア資産を追跡、監視するRFID技術を開発し、試験運用に成功した。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は10月17日、データセンター資産を追跡するRFID技術を開発、米スーパーマーケットのMeijerで試験運用を実施したと発表した。Meijerは中西部を中心に170店舗以上を展開している。

 HPの新ソリューションは、RFID技術を利用して、データセンター内のサーバ、ネットワーキング機器、ストレージなどのハードウェア資産をリアルタイムで追跡、監査する。

 新システムは、RFIDリーダーとRFIDタグによって、新規設置や移動も含むデータセンター内の各ハードウェアの位置を監視。センシングインフラにより、データセンター全体のハードウェアの様子を高解像度で見ることができるようにした。また、サーバやサーバ関連機器の追加、変更、移動履歴を記録する仕組みも持つ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ