ニュース
» 2006年11月08日 10時18分 公開

ボット感染システムが急増

攻撃検知システムのDShieldに記録されたソースIPの数が、10月中旬から急増している。

[ITmedia]

 ボットやワームに感染したシステムの数が急増していると、SANS Internet Storm Centerがサイトで報告した。

 SANSによると、攻撃検知システムのDShieldに記録されたソースIPの数が、10月中旬から急増した。DShieldにはファイアウォールで拒否されたパケットのソースが報告される仕組みになっており、その大半はボットネットを形成しているか、ワームに感染しているシステムが占める。

 1日当たりのソースIPの数は過去数カ月間、100万前後で推移していたが、10月18日から突然、160〜180万に急増した。これと同時期にスパムの数も激増しているとSANSは指摘。はっきりした根拠はまだないが、タイミングから見て関係があることが疑われるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -