ニュース
» 2006年11月22日 15時34分 公開

AMD、HPのOpteronブレードサーバ採用

AMDが初めてエンジニアリング設計部門に導入するブレードサーバは、同社のデュアルコアOpteronプロセッサを採用している。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 米Hewlett-Packard(HP)がプロセッサパートナーの1社であるAMDから大口注文を獲得した。

 HPの広報担当者は11月21日、AMDがHPのブレードサーバ「ProLiant BL465c」を700台以上購入することを明らかにした。

 これらのサーバはHPのBlade System c-Classアーキテクチャに基づいており、AMDのデュアルコアOpteronプロセッサを採用している。

 AMDは、同社のシリコン設計チームが取り組む同社チップのアーキテクチャおよび回路の開発、設計と、これらのプロジェクトの膨大な検証業務に役立つブレードシステムを探していたと述べている。

 AMDがエンジニアリング設計部門にブレードを導入するのは今回が初めて。AMDの担当者は、ブレードの消費電力当たり性能は標準的なラックマウントサーバに比べて最大で30%高いとしている。

 HPは、デュアルコアOpteronプロセッサを採用したサーバとブレードの提供を最も早く開始したOEMの1社だ。

 HPは6月14日に発表したBlade System c-Classアーキテクチャについて、密度と管理機能を向上させながら、電力コストの低減を可能にしたとうたっている。

 AMDがHPから購入するブレードサーバは、カリフォルニア州サニーベールとマサチューセッツ州ボックスボローにあるAMDの研究施設に導入される。これらのサーバは同社がテキサス州、コロラド州、インドで行っているプロジェクトでも利用される。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -