ニュース
» 2006年11月24日 08時28分 公開

Mac OS Xもアドウェアの標的に

Mac OS X向けアドウェアのコンセプト実証サンプルを入手したとF-Secureが報告。こっそりユーザーアカウントにインストールすることが可能だという。

[ITmedia]

 Mac OS X向けアドウェアのコンセプト実証コードが報告された。Windowsよりも簡単にブラウザを立ち上げることができてしまうという。

 この情報はフィンランドのセキュリティ企業F-Secureが11月23日にブログに掲載した。それによると、このプログラムは理論上、こっそりユーザーアカウントにインストールして各アプリケーションに関連付けることができる。管理者権限がなくてもこれが可能だという。

 F-Secureでは、このコンセプト実証サンプルで利用された技術について「バグではなく機能」だと分析しながらも、システムライブラリはユーザーに通告されないままインストールされるべきものではないと指摘している。

 F-Secureで入手したサンプルを試したところ、アプリケーションを使ってMacのWebブラウザを立ち上げることができてしまったという。しかもWindowsよりも簡単にできたと報告している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -