レビュー
» 2006年11月29日 16時29分 公開

ホワイトペーパー:最低限のコストでストレージを追加する

ビジネスの急速な拡大、さまざまな目的で導入されるIT機器。そのほかにもさまざまな要因からストレージ需要は増加している。いま求められているのは、異種環境においてもスケーラブルで柔軟に利用可能なストレージだ。

[ITmedia]

 企業の情報システムにおいては各種ソリューションの導入、扱うデータ量の増大といった理由から、ストレージ需要は拡大している。一方、ストレージの管理コストは可能な限り削減しなければならない。このためには、管理が容易で柔軟性のあるストレージシステムを導入する必要がある。

 日本ネットワーク・アプライアンスの「Data ONTAP 7G」は、異種環境においても拡張性と柔軟性を発揮するストレージ向けのOSだ。新機能の「FlexVol」はボリュームを物理ディスクと切り離して操作することを可能にし、ストレージ割り当てをより柔軟なものにした。また、「FlexClone」機能により、FlexVolで作成したボリュームの複製も瞬時に行えるようになった。そのほかにも、Data ONTAP 7Gには多数の新機能が搭載されている。

 ここでは、Data ONTAP 7Gの新機能とテクノロジーの概要を解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -