ニュース
» 2006年12月08日 08時00分 公開

12月のMSパッチは「緊急」含む6件

Microsoftは12月12日の月例アップデートで、Windows関連が5件と、Visual Studio関連1件のセキュリティ更新プログラムをリリースする。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月12日の月例アップデートで、計6本のセキュリティ更新プログラムをリリースする。内訳はWindows関連が5件と、Visual Studio関連が1件。7日の事前予告で明らかにした。

 Windows関連の更新プログラムの最大深刻度は「緊急」、Visual Studio関連は「緊急」となる。適用後は再起動が必要になる可能性がある。アップデートの公開は米太平洋時間の12日午前10時(日本時間13日午前3時)ごろになる予定。

 悪意のあるソフトウェアの削除ツールも、同日更新版がリリースされる。

 Visual Studioをめぐっては、「Visual Studio 2005」に影響する深刻な脆弱性の存在が明らかになり、Microsoftが10月31日付でアドバイザリーを公開。これを突いた攻撃の多発も報告されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ