ニュース
» 2007年02月07日 10時53分 公開

なりすまし対策を支援する強化版SSL、IE 7で有効に

IE 7でEV SSL証明書のサポートが有効になった。なりすましやフィッシング詐欺からユーザーを守る機能が強化される。

[ITmedia]

 Microsoftはフィッシング対策強化に向けて、Internet Explorer(IE)7でSSLの強化版に当たる「Extended Validation(EV)SSL Certificates」(EV SSL証明書)のサポートを有効にしたと発表した。

 EV SSL証明書では従来のSSL暗号化機能に加え、なりすましやフィッシング詐欺からユーザーを守る機能が強化される。IE公式ブログによると、VeriSign、CyberTrustなどの認証機関がEV SSL証明書の発行を開始し、eBay、PayPal、Charles SchwabなどのサイトもEVを使ってユーザーが公式サイトであることを確認できるようにしているという。

 また、Microsoftは新たにMySpace.comなど4社からフィッシングフィルタ用のデータ提供を受けることになったと発表した。

 同社はEV SSLに関する詳しい情報とFAQ、IE 7のセキュリティステータスバーに表示される情報の利用方法をサイトに掲載。安全なネット利用となりすまし対策情報にもEV関連の内容を盛り込んだ。

 IE 7は10月の正式リリース以来、フィッシングフィルタで詐欺サイトへのアクセスを1000万回以上食い止め、1週間の遮断件数は100万を超えているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -