ニュース
» 2007年02月20日 14時38分 公開

Exchange Serverのデータをモバイル化するツールを発売

コネクトワンが携帯電話からExchange Serverのデータをセキュアに利用できるツールを発売した。

[ITmedia]

 コネクトワンは2月20日、携帯電話やPHSからExchange Server内のデータを利用可能にするツール製品「ConnectONE ExchangePack2007」を発売した。

 同ツールは、マイクロソフトのExchange Serverにある社内メールやスケジュールなどのデータをWeb化して、モバイル通信端末で利用できるようにするミドルウェア。Exchange ServerとはHTTP/DAVで接続し、Exchange Serverにプログラムをインストールすることなく、簡単に実装できる。

 NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの各端末に対応する。また、既存のActiveDirectoryと連携した認証方式を採用して、ユーザーはシングルサインオンでアクセスできる。ユーザーインタフェースがモジュール化されており、権限の設定や画面レイアウトをカスタマイズできるという。

 価格は、50ライセンス版が59万8000円。今後は、JDBC接続によるMicrosoft SQL対応版の開発を進め、2007年4月をめどに受注管理や在庫管理などの業務システムに対応したツールの発売も予定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ