ニュース
» 2007年02月27日 04時21分 公開

SELinux Policy Editorの最新版、Fedora Extrasに取り込まれる

SELinuxの面倒な設定をGUIから行うためのソフトウェア「SELinux Policy Editor」(SEEdit)の最新バージョンがリリースされた。本バージョンからFedora Extrasに取り込まれている。

[ITmedia]

 SELinuxの面倒な設定をGUIから行うためのソフトウェア「SELinux Policy Editor」(SEEdit)の最新バージョンとなる2.1.0が公開された。Fedora Core6、Cent OS 4をサポートしている。

 前バージョンからの変更点でもっとも大きなものは、Fedora Extrasへ取り込まれたことだろう。これにより、Fedora Core 6であれば次のようにyumコマンドで簡単にインストールが行える。

# yum install seedit-gui


 そのほか、ポリシー生成ツールのパフォーマンスが向上しているほか、ポリシーの作成に役立つ「ポリシー推測」の機能が実装された。

 同ソフトウェアは今後、クロス開発への対応や、ポリシーサイズの削減など、組み込みを想定した分野への拡張を続ける方針。また、Debian系のディストリビューションの対応も予定しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ