バリエーションは159通り――TCO削減の決め手はホスティングサービスなのか?ホワイトペーパー

ユーザーがホスティングサービスに求めるサービスレベルは非常に高く、単に可用性が高いだけでは多様なニーズに応えられない。高度なセキュリティ対策、24時間365日の運用監視サービスなどに対応し、セキュアOSとして評価が高まっている「Nature's Linux」を採用したホスティングサービスを紹介する。

» 2007年03月08日 14時05分 公開
[ITmedia]

 いくらコンピューティング環境が進化したとはいえ、自社でサーバを運営するにはそれなりの人員とコストが必要だ。サーバ運営にあたっては、単に導入コストだけでなく、運用費、専任担当者の人件費など、さまざまなコストを覚悟しなければならない。特にWebサーバを導入するのであれば、ダウンタイムゼロが要求されることになるし、「踏み台」にされないセキュリティ対策も必須だ。

 新たにサーバ運営を行うのであれば、ホスティングサービスの利用を検討すべきだ。最近のホスティングサービスでは、運用管理、バックアップ業務などのサービスも提供しており、企業が業務用途に使うのにも適している。管理業務をアウトソーシングできるため、運用にかかるコストが軽減できる。

 ここでは、高いセキュリティレベルを実現している「Nature's Linux」をサーバOSとして使用している、GMOホスティング&セキュリティのホスティングサービスを紹介する。

 この製品資料のダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR