ニュース
» 2007年03月13日 08時00分 公開

Office Onlineで各種サービスを提供開始

Office Onlineサイトでは、製品情報やオンラインヘルプに加え、Outlook 2007カレンダーの共有サービスなど、オンラインホストサービスが幾つか提供されるようになっている。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 米MicrosoftのOffice製品ファミリー向けのWebサイト、Office Onlineでは、Officeユーザー向けに各種のオンラインホストサービスが提供されるようになっている。既に十分に入り組んでいた同社のオンライン戦略にとって、この動きは、さらなる混乱の種となっている。現在、Office Onlineサイトでは、例えば、一般のWebページにOutlookのカレンダーをポストするといったサービスが提供されている。

Windows LiveやOffice Liveとの違いは?

 Office 2007製品ファミリーのリリースに向けて、Office Onlineサイトは2006年遅くに大幅なオーバーホールが行われた。その結果、従来から提供されていた製品情報、オンラインヘルプ、テンプレートに加え、現在、同サイトでは、Webベースのサービスも幾つか提供されている。こうしたサービスを介して情報をポストするためには、ユーザーはそのサービスに関連したOffice 2007アプリケーションを持っているほか、My Office Onlineへのサインアップが必要となる。My Office Onlineにサインアップするには、Windows Live ID(これまではPassportと呼ばれていた)として登録済みの電子メールアドレスのほか、基本的な個人情報が幾つか必要だ。

 登録を済ませたユーザーは、以下のサービスを利用できる。

Outlookカレンダーの共有サービス Outlook 2007のユーザーは、インターネット標準のiCalendarフォーマットで保存された自分のカレンダーを、Office OnlineでホスティングされているWebサイトにポストできる。ポストした情報は、Webブラウザとインターネット接続環境を備えたユーザーであれば誰でもアクセスできるように設定できる。カレンダーの所有者が情報へのアクセスを制限している場合、閲覧にはWindows Live IDも必要となる。自分のカレンダーをほかのユーザーと共有したい場合、そのカレンダーのURLを含むメールメッセージをOutlookが自動作成するため、カレンダー所有者は案内メールとして、そのメッセージをほかのユーザーに送信できる。カレンダーの所有者は、カレンダーへのアクセスをこのメールの受信者のみに制限できる。ただし、その場合、受信者は自分のアドレスとWindows Live IDを関連付けておく必要がある。

Outlook 2007モバイルサービス このサービスでは、メールから、タスク、スケジュールリマインダー、連絡先、カレンダーエントリーまで、Outlook 2007の各種のデータを、Simple Messaging Service(SMS)テキストメッセージを受信可能なあらゆる携帯電話機に送信できる。

共有テンプレート ユーザーは自作のOffice 2007テンプレートをポストし、My Office Onlineのほかのメンバーがダウンロードできるようにすることも可能だ。

 Microsoftによると、このほかのOffice Onlineサービスも2007年中に追って追加される見通し。

 こうしたオンラインサービスが追加されたことで、Office OnlineサイトはWindows Liveサイトとの重複が目立つようになっている。例えば、Hotmailでは既に、Webベースのカレンダー共有、およびメールへのモバイルアクセスが提供されている。また、Office Onlineの各種サービスは、小規模事業所向けの包括的なサービスセットであるOffice Liveとも区別しづらい。

 だが、Microsoftによると、Office Onlineの狙いは「Officeアプリケーションに緊密に連携されたオンラインサービスにより、Officeアプリケーションを拡張すること」にあるという。一方、Windows Liveサービスはクロスプラットフォーム性を目指しており、ブラウザ以外のクライアントソフトウェアを必要としない(ただし、多くのWindows LiveサービスはWindowsとInternet Explorerを必要としており、この目標が公平に実現されているとは言い難い)。また、Office Liveは小規模事業者向けのサービスであり、Officeアプリケーションとの関連性は特にないという。こうした区別はMicrosoftにとっては明白なのかもしれないが、エンドユーザーや潜在パートナーには説明が難しいだろう。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ