ニュース
» 2007年04月03日 22時38分 公開

マクニカネットワークス、eディスカバリー対策ソフトウェアの販売を開始

[ITmedia]

 マクニカネットワークスは3月30日、Guidance Softwareと販売代理店契約を締結し、同社製eディスカバリー対策ソフトウェア「EnCase Enterprise」の販売を開始した。

 EnCase Enterpriseは、HDDやメモリ上のデータを取得し、消去・隠匿されたデータを含みバイナリレベルで捕捉する解析ができるので、製品の導入を告知することで内部社員への抑止力として情報管理(内部統制)にも役立つ。また、解析した結果のリポートを作成でき、問題が発生した際に適切な情報開示を行うことができる。さらに問題が訴訟へと発展しても、米NIST(技術標準局)にフォレンジックの分野で正式に認定されており、裁判の証拠として利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -