レビュー
» 2007年04月06日 12時46分 公開

ホワイトペーパー:OSSの環境作りをスムーズに行うには?

ほとんどの企業は、OSS(オープンソースソフトウェア)を導入し活用している。しかし、さまざまなOSやアプリケーションに合わせて運用するには多くのノウハウが必要なため、なかなか導入に踏み切れないという企業もあるだろう。ここでは、OSSを最適な構成で一括導入できるソリューションを紹介する。

[ITmedia]

 OSSは、開発におけるコスト削減や期間の短縮のために多くの企業が採用しており、実際に高い実績を誇っている。OSSと一口に言っても、それぞれが対応するOSやアプリケーション、ハードウェアの種類は非常に多く、最適な構成を作り上げるには多くのノウハウが必要だ。特にOSSを活用したことがない企業にとっては、OSSの構築は大きなハードルとなる。

 OSSを最適な構成で組み上げたものを「スタック」と呼んでいる。システムへの採用度が高いスタックを1つのパッケージとして導入できれば、OSS構築の際の「最適なOSSの選択」という課題の1つがクリアできる。

 ここでは、NECが提供する、OSS環境を一挙に導入することができ、動作検証済みで信頼性の高いソリューション「SpikeSourceコアスタック」を紹介する。

 このWebキャストの視聴は、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -