ニュース
» 2007年04月10日 01時43分 公開

日立ソフト、内部統制の運用テスト支援ソフトウェアを発売

[ITmedia]

 日立ソフトは、内部統制における運用テストと有効性評価を支援するソフトウェア「iCOT Assistant」を発売した。

 同ソフトウェアは、ビジネスブレイン太田昭和との連携の下、多くの拠点・部署が関連する金融機関向けの日本版SOX法対応ノウハウと日立ソフトの米国SOX法対応の経験ノウハウを融合した運用テスト支援ソフトウェア。

 多数の部署・拠点で実施される運用テストの管理や管理項目の変さらに容易に対応するために、使い慣れたExcel形式のテスト進捗管理テンプレートの自動生成、進捗管理項目の細分化、テスト関連テンプレートの登録・取得、運用テスト状況の自動集計など、実運用に対応した柔軟性のある運用テスト支援環境を提供する。

 価格は735万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -