ニュース
» 2007年04月11日 16時42分 公開

ターボリナックス、IP-PBX用ソフトフォンの新版を提供開始

[ITmedia]

 ターボリナックスは4月11日、同社が開発・販売するIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」用ソフトフォンの新バージョン「TurboPhone2」を発表した。同ソフトウェアは4月末から出荷予定のInfiniTalk製品に無償でバンドルされる。

 同ソフトウェアをWindows PCにインストールすることで、PCがInfiniTalk用の内線端末(電話機)として利用可能となる。最新バージョンでは、音質や操作性を向上させたほか、専用USBハンドセット(長塚電話工業所製「WB-2001-NDK1」)のダイヤルキーとの連動を可能にした。

 さらに、この製品のリリースに併せて、Googleのトップページをカスタマイズできるパーソナライズドホームページ用のガジェット型簡易電話帳「InfiniTalk phonebook」を無償で公開した。Googleのサイトからモジュールを入手できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -