ニュース
» 2007年04月12日 08時59分 公開

Oracle、セキュリティパッチで37件の脆弱性修正へ

次回の四半期パッチでは、Oracle Database関連の13件など計37件のセキュリティ問題に対処する。

[ITmedia]

 米Oracleは4月17日に定例セキュリティパッチをリリースし、データベース製品などの脆弱性37件に対処する。事前告知で明らかにした。

 今回のパッチで修正を予定しているセキュリティ問題は、Oracle Database関連が13件、Application Server関連が5件、E-Business Suite関連が11件、PeopleSoft/JD Edwards関連が4件など。

 これら脆弱性の中には、ユーザーネームやパスワードによる認証を経ずに、リモートでネットワークを介して悪用可能なものも含まれる。

 Oracleは四半期ごとにセキュリティパッチを公開しており、前回は1月に51件の問題を修正している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -