ニュース
» 2007年04月13日 15時12分 公開

Spansionとキマンダ、戦略的供給契約を締結

[ITmedia]

 世界最大のフラッシュメモリソリューション専業プロバイダーであるSpansionと、DRAMソリューションのリーディングサプライヤーである、キマンダは4月12日、戦略的供給契約の締結を発表した。

 この契約の条件に基づき、キマンダは、低消費電力PSRAM(CellularRAM)とモバイルRAMデバイスをKGD(Known Good Die)でSpansionに供給し、SpansionはこれらをMCPソリューションに使用する。「KGD」とはウェハの状態ですべてのDie性能および品質テストをキマンダ側で行ったもの。供給されたモバイルRAMは、SpansionフラッシュメモリとともにコンパクトMCPとしてスタックされる。

 64Mバイトと128MバイトのCellularRAMをスタックしたMCPソリューションは、すでにSpansionから量産出荷されている。よりメモリ容量の大きい製品やDouble Data Rate (DDR)Mobile-RAMベースの製品は、2007年後半の製品化が計画されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -