ニュース
» 2007年04月18日 07時43分 公開

富士通とSun、Solaris/SPARCサーバを共同開発

富士通とSun Microsystemが、SPARCプロセッサとSolaris 10を搭載した新サーバ「SPARC Enterprise」を共同開発した。

[ITmedia]

 富士通と米Sun Microsystemは4月17日、SPARCプロセッサとSolaris 10を搭載した新サーバ「SPARC Enterprise」シリーズを共同開発、共同で展開すると発表した。

 両社は開発に2年以上の期間を費やしたという。新サーバはきめ細かなパーティショニング技術やドメイニング技術を採用。ダウンタイムを最小限に抑えるため、メモリやプロセッサを含む部品のホットスワップ対応、ハードウェアの冗長構成、命令リトライ、メモリミラー機能、広範な診断・修復機能などを採用している。

 両社によると、新サーバはSPARCサーバとしては世界最速を実現。2.4GHzのSPARC64 VIプロセッサを搭載するSPARC Enterprise M8000(16プロセッサ、32コア、64スレッド)は、SAP ERP 2005、Oracle Database 10gおよびSolaris 10の組み合わせによる2階層SAP標準アプリケーションSD(販売管理)ベンチマークテストで、同時アクセス数7300ユーザーという、16プロセッサのシステムにおける世界記録(2007年4月17日時点)を樹立したという。

 SPARC Enterpriseは従来のSPARCサーバと比べ性能が最大50%向上。6モデル構成で、富士通およびSunブランドで全世界展開が行われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -