ニュース
» 2007年04月24日 10時30分 公開

SQL Server 2005、SP2でOffice 2007やVistaとの統合強化

SQL Server 2005 SP2は、Windows Vista、Office 2007、SharePoint Serverといった新製品との相互運用性と統合を強化するほか、各種の新機能を提供する。ただし、導入には事前のテストを行うべきだろう。

[Rob Helm,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftのデータベース管理システム/ビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォームであるSQL Server 2005のサービスパック2(SP2)は、修正プログラムのほか、各種の新機能を提供する。とりわけ、SQL Server 2005 SP2は、Windows Vista、Office 2007、SharePoint Serverなどの新製品とSQL Serverとの相互運用性および統合を強化する。ただし、新機能が提供されるということは、新しいコードが追加されるということでもあるため、企業は製品のマイナーアップデートの場合と同様、相互運用性と安定性の面で、SP2を入念にテストする必要があるだろう。

 SP2には、ドキュメント化された修正プログラムが143個含まれるが、その内訳は、同製品のデータベース管理システム(DBMS)機能に関するものと、ビジネスインテリジェンス(BI)コンポーネントに関するものが、ほぼ半数ずつとなっている。主なものは、以下のとおりだ。

  • SQL Server Analysis Services  高速な双方向分析と自動データマイニングのための専用データベース(キューブと呼ばれる)の時系列データ分析に用いられる。
  • SQL Server Reporting Services  データベースとデータウェアハウスから、人間が読める形のレポートを設計/生成し、そうしたレポートを多くのユーザーに継続的に配布する。
  • SQL Server Integration Services  テキストファイルやMicrosoft以外のデータベースなど、各種のデータソース間の大量のデータ転送をスクリプト化する。

Office 2007、Windows Vista、SharePoint Serverのサポート

 SP2の主要な修正プログラムと新機能は、Office 2007およびWindows VistaとSQL Server 2005との相互運用性に関連している。

Office 2007 SQL Server Analysis Servicesに依存する一部のExcel 2007機能(新しいPivotTable機能など)では、SP2が必要となる。Excel 2007がAnalysis Servicesの初期バージョンとともに使われている場合、関連の機能は自動的に無効化される。またSP2は、Integration Servicesを用いたAccess 2007データのインポート/エクスポートのサポートも提供する。

Windows Vista Windows VistaクライアントでSQL Server 2005 Express Editionを実行する場合には、SP2を適用するよう推奨されている。SQL Server Express Editionは、PC向けにSQL Server DBMSの機能を縮小したバージョンで、Visual StudioやAccessなど商用アプリケーションにバンドルされて出荷されるケースが多い。Windows Vistaには、SQL Server 2005 Express Edition SP1をインストールして実行することもできるが、Vista User Account Control機能に関連した問題やそのほかの制限事項があるため、Microsoftはできる限り速やかにSP2を適用するよう奨励している。

SharePoint製品 SP2では、Reporting Services機能とSharePoint Server 2007およびWindows SharePoint Services (WSS) 3.0との統合が強化されている(いずれも、ポータル、検索、WebベースのコラボレーションのためのMicrosoft製品だ)。例えば、SP2では、SharePointレポートライブラリにReporting Servicesレポートを発行/管理するためのユーティリティのほか、そうしたレポートをSharePointのWebページに表示するためのSharePoint Web Partsが提供される。

新しいデータ型のサポートなど

 そのほかにも、SP2では各種の新機能が提供される。主なものは以下のとおりだ。

  • 新しいデータ型(vardecimal)がサポートされ、数値データのより効率的なストレージが可能となる。
  • Hyperion Essbase用の新しいReporting Servicesプロバイダにより、サードパーティの主要な分析プラットフォームへのレポーティングが可能となる。
  • IBM DB2用のOLE DBプロバイダが更新され、性能が強化されるほか、IBMのDBMS新版のサポートが追加される。特に、DB2データベースの分析にSQL ServerのBIコンポーネントを使っている顧客には便利なはずだ。
  • 管理ツールが改善され、例えば、自動のデータベースメンテナンスプランに1つだけでなく複数のデータベースサーバを組み込めるようになっているほか、管理者はManagement Studioコンソールにカスタムレポートを追加できるようになっている。

導入は慎重に

 今回、SP2と同時に、SQL Server Feature Packもアップデートされている。この機能パックでは、SP2とほとんど同じアドオンコンポーネントが提供されるが、管理者は各コンポーネント(IBM DB2プロバイダなど)をSQL Server製品とは別個にインストールできる。

 以上のような新機能が提供されるということは、すなわち、SP2は導入前に慎重に吟味する必要があるということだ。新しいコードが追加されているとなれば、単に既存の機能を修正するだけでなく、新たなバグや相互運用性の問題を引き起こす可能性が高いからだ。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ