ニュース
» 2007年05月16日 09時26分 公開

Oracle、製品ライフサイクル管理のAgileを買収

Oracleはこの買収で、業界固有のエンタープライズアプリケーションを提供する戦略を拡大する。

[ITmedia]

 米Oracleは5月15日、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトを手掛けるAgile Software Corporationを買収することで合意したと発表した。

 OracleはAgile株を1株8.10ドルで取得し、買収額は合計で約4億9500万ドルとなる。

 Agileは、ハイテクやライフサイエンス、製造などさまざまな業界の顧客向けに、サプライチェーン全体で製品開発・投入プロセスを推進し、製品仕様を共有し、協業するのを支援するPLMソリューションを提供している。Acer、Johnson & Johnson、McDonald's、QUALCOMMなどが同社製品を導入している。

 Oracleは、Agileを同社PLM製品の基盤にするとし、今回の買収により業界固有のエンタープライズアプリケーションを提供する戦略を拡大し、ライバルであるSAPの顧客に新たな戦略的アプリケーションを提供できるようになると述べている。

 この買収はこれから株主や規制当局の承認を諮り、7月半ばから末に完了する見込み。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ