ニュース
» 2007年05月17日 17時09分 公開

ソフォス、メールセキュリティアプライアンスにエントリ機を追加

ソフォスは、電子メールセキュリティアプライアンスのエントリモデル「ES1000」の販売を開始した。

[ITmedia]

 ソフォスは5月17日より、電子メールセキュリティアプライアンスのエントリモデル「ES1000」の販売を開始した。

 ES1000は、電子メール経由で侵入を試みるウイルスやスパムメールをゲートウェイで検出、ブロックするアプライアンス型のセキュリティ製品。GenotypeやBehavioral Genotype Protectionといった独自の検出技術を用いて、新しい脅威についてもプロアクティブに対処できるという。検出されたウイルスなどの傾向は、管理コンソールを通じて確認できる。

 ES1000の処理能力は、毎時2万通。2006年7月にリリースされた上位機種「ES4000」には劣るが、ES4000が実装している「ハートビートモニタリング(常時監視システム)」をサポートしている。ES1000のシステムのステータスを常に監視し、何らかの問題が発生したり、定義ファイルのアップデートに失敗した場合などには、ソフォスと管理者の両方に通知が行く仕組みだ。

 ソフォスではES1000を、小〜中規模企向けに販売していく。価格は、200ユーザーで3年間利用の場合、167万9000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ