レビュー
» 2007年05月24日 08時02分 公開

ITコンプライアンス達成と成功要因の関係を読み解くベンチマーク調査結果ホワイトペーパー

各企業が取り組んでいる内部統制に必須のITコンプライアンス対応。この課題に積極的に取り組んでいる企業と、遅れを取っている企業に大きな差が生じ始めている。その落差の原因を、ITコンプライアンス対応調査結果から探る。

[ITmedia]

 ITコンプライアンス対応は、各企業が取り組まなくてはならない重要な要件の1つだ。しかし、ここへきて積極的に取り組んでいる企業と、遅れを取っている消極的な企業の差が顕著になっている。

 一定の条件を満たす671サンプルのデータを調査・分析した結果によると、その明暗を分けるものには、主に3つのポイントがある。その3点が、ITコンプライアンス対応の達成度を決定する主な要因になっていることが分かった。

 ここでは、調査結果を基に、ITコンプライアンス対応を成功させる要因とは何なのか、具体例を挙げながら詳しく解説する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ